ANAやJALといった会社の株主優待券でお得な旅行をしよう!

- 航空券を安く手に入れるなら株主優待券がおすすめ

更新情報

航空券を安く手に入れるなら株主優待券がおすすめ

航空券というのは、最近は格安航空会社などの新規参入によって大分安く手に入れやすくはなりましたね。
しかし、それらの多くは普通に利用するのではできないことなのです。
普通に航空券を買おうとすると、やはり大手の航空会社のチケットともなれば今まで通りの高い値段がかかってしまうんですね。
そうなってしまったら、値段を落とすともなればどうしても格安航空会社を使うしかないですよね。
ですが、大手航空会社でも工夫をすることによって実は格安航空会社並み、或いはそれ以上に安く航空券を手に入れることもできるのです。


大手航空会社のチケットを安く買うコツ

それは、株主優待券という物を使うことなのです。
これは、本来は航空会社の既定の株を所持している株主に対して規定通りの数を毎期で航空会社から配布される物なのです。
正規でこの優待券を手に入れるためには当然ながら、航空会社の株を所持していなければいけないのですが、実はそれ以外にも手に入れる方法があるんです。
それは、金券ショップやネットチケットショップなどを利用するというやり方です。
昨今では、金券ショップだけでなくインターネットでもこういった優待券などを普通に取り扱うようになっています。
なので、航空会社の株を所持していない場合でも優待券を利用して航空券を安く購入することができるのです。
しかし、仮に優待券をネットショップや金券ショップなどで購入してから航空券を格安で購入してもちゃんと安くなるのか、それが心配なところですね。

優待券は購入しても安くなる

まず、大前提としてこの優待券というのは基本的に譲渡が許可されているものなので、株主以外でも優待券さえ持っていれば誰にでも使うことができます。
なので、株主以外の人が優待券を購入すればそれで航空券を格安で購入することはできます。
そして、もうひとつの疑問はやはり通常の航空券を買うのと、優待券を購入した上で、値引きされた格安航空券の値段は果たしてどちらが安いのかということです。
結論から言えば、優待券の購入代金と安くなった航空券の値段を足しても通常の航空券の値段よりもかなり安いんです。
まあ、そうれなければ誰も優待券をいちいち買ったりしないわけですが、そもそもそれではどのくらい安くなるのかというところが気になるところですね。
まず、そもそもこの優待券自体が航空券を半額程度の値段で購入することができるのです。
そして、優待券の取引額は航空券の4分の1にも満たないくらいだと言っていいでしょう。
航空券は時期によって値段が流動する物ではありますが、どの時期と比べても優待券の値段が航空券の半額以上になるということはまずあり得ません。
なので、いついかなる時に使用しても必ず優待券で航空券を購入した方が安くなるというわけです。

最初から優待券つきで航空券を手に入れる

そして、最近ではこの優待券を利用したちょっとしたビジネスが行われているんです。
それは、航空券をさまざまな航空会社と比較してから購入することができるインターネットのサイトです。
これらは、航空券を安く手に入れることができるのですがそれはチケットと一緒にネットチケットショップから一緒に優待券を購入する手続きをサイト側が全部行ってくれるからなんです。
当然ながら、手続きを向こうが負担してくれますので多少の手数料はかかりますが、その手数料もたいした値段ではありませんので、やはり通常通りに航空券を購入するよりもはるかに安く購入することができます。
なので、いちいち優待券をネットショップや金券ショップやネットオークションなどで買うのが面倒臭い、という人は、こういった航空チケットの比較サイトなどを利用することで、優待券と一緒に航空券を手に入れて格安で航空券を手に入れることができるのです。

まとめ

優待券は、基本的には売り切れるということはまずありません。
というのも、全国の株主さんたちは別に航空券の優待券目当てて株主になっているとは限らないからです。
そして、この優待券には期限がついているんですね。
だから、その期限内に航空機に乗る用事のない人なんかは期限を切らしてしまうよりも、それを売ってしまった方が特になりますので大量に流れるんですね。
実際、優待券なんて株主にしてみれば株の購入のついででもらえる無料特典のような物ですからね。
それがお金に変わるのであれば、多少安くても普通に売りに出しているというわけです。