航空業界の革命児スカイマークとは

- 航空業界の革命児スカイマークとは

航空業界の革命児スカイマークとは

格安航空券を使える日本国内路線の航空便で、最も知名度が高い1つに数える事が出来る物と言えばスカイマークですね。
スカイマークは、特に日本のLCCの中でも非常に高い利用率を誇っているのですが、スカイマークとはどのような航空会社なのでしょうか。

スカイマークとはどんなLCCなのか


スカイマークは、日本の国内LCCの中でも色々と他の航空会社にはないような特徴を持っているんですね。
航空業界の中でも非常に特徴的な航空会社でいわゆる業界の革命児のような存在となっていることもあって、日本の使用率はかなり高くなっているんですね。
スカイマークは、格安航空券でも利用する事が出来るのですがまずいちばんの特徴は何と言ってもサービスをそこまで簡素化していないため、実際のところはLCCと大手航空会社の中間に位置するようなランクの航空会社なんです。
なので、大手航空会社ほどお金はかけたくないけど、LCCほどサービスをあまりにも簡素化しているのはちょっと、という人におすすめなんですね。

スカイマークのサービスは無駄を省いている

スカイマークの売りであり、特徴的なところはサービスを徹底簡素化するのではなく、無駄なサービスだけを省いている、というところなんですね。
例えば、大手航空会社で提供している無料サービスも全部を使っているという人は少ないのではないでしょうか。
そのため、無料になってるけどこのサービスはなくなっても別に困らないな、という物もいくつかありますね。
スカイマークでは、そういったピンポイントなサービスだけを省くことによって、航空券の値段を引き下げる事が出来るようになっているんですね。
そのため、欲しいサービスはしっかり残っているというわけです。

スカイマークは革命児

航空業界の中でも、スカイマークが革命児とされているのは何と言っても他の航空会社と色んな点で違う所があるからです。
サービスの中でも、需要の高い物だけはきっちりとサービスを充実させており、無駄なサービスや需要の高くないサービスだけは省く事でサービスと格安での航空チケットとを両立する事が出来るようになっているんですね。
しかも、スカイマークでは割引運賃なども非常に充実しているので、そういったものを利用する事でLCCに迫るような値段でも利用する事が出来るようになるなど、航空業界の中でもいいとこどりを上手に実現する事が出来た、非常に注目の航空会社となっています。

関連記事:

  « 前の記事: を読む