株主優待券を使った航空券の購入方法

- 株主優待券を使った航空券の購入方法

株主優待券を使った航空券の購入方法

株主優待券を使えば、航空会社の航空券はより安く手に入れることができます。
しかし、そういった航空券の優待券はどのようにして使えばいいのかということがわからないという人も多くいるでしょう。
優待券を使って航空券を購入してみたい、と思っている人のためにいかにして優待券を使うのかということを解説していきましょう。

優待券割引運賃で予約をする

まず、優待券を使って航空券を購入する場合は株主優待割引運賃というものがありますのであらかじめそれで航空券を予約しましょう。
この際にはまだ優待券は手元になくても大丈夫です。
優待割引は、キャンセルや便の変更も無料でできますので、おおざっぱな日取りだけで予約しておいても問題はありません。


支払期限までに航空券を購入する

予約をしてから2日後までが航空券の購入期限になります。
過ぎてしまうと、予約がキャンセル扱いになってしまいますので必ず期限内に支払をするようにしましょう。
座席を指定したい場合もこのタイミングですることになっています。

株主優待番号とパスワードの登録

そして、支払が終わると予約画面に株主優待番号登録というボタンが出ます。
後は、これを搭乗日までに登録すれば完了になっています。
ANAの優待券には、スクラッチがあってそこを削って優待番号を見てそれを登録することで優待券でも割引を受けることができるようになっているのです。
ただ、この優待券はスクラッチを削ってしまうと売買することができなくなりますので、確実に使うという時までは登録しないようにするといいでしょう。
ギリギリまで使いたくない人は、登場日当日のチェックイン時にQRコードのスクラッチの方を削り、バーコードにかざすことで当日登録もできます。

まとめ

如何でしたでしょうか、優待券を使った手続きと言ってもとくに難しいことはありませんし、それこそ優待券は当日までに手元に来ればいいので、あらかじめ航空券の予約だけはしておいて優待券は後で買うということもできます。

関連記事:

  « 前の記事: を読む